肩こり

こんなことでお困りではないでしょうか?

  • 肩こりに長年悩んでいる
  • 原因はわからないが、なぜか肩が重い
  • 姿勢が悪いと言われる
  • 四十肩・五十肩と診断された経験がある
  • 腕や手にしびれが出る
  • 最近、もしくは長年冷え性に悩んでいる
肩こり
肩こり
  • 肩こりに長年悩んでいる
  • 原因はわからないが、なぜか肩が重い
  • 姿勢が悪いと言われる
  • 四十肩・五十肩と診断された経験がある
  • 腕や手にしびれが出る
  • 最近、もしくは長年冷え性に悩んでいる

肩こりとは?

肩こり

頚部から僧帽筋エリアの筋肉におこる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。頭痛、吐き気を伴うことがある。 日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現がつかわれているが、これは【日本独特】のもので同症状を諸外国では首や背中の疾患として示している事が多数である。

また頸肩腕症候群の初期症状である場合もある。

肩こりになりやすい人の特徴や原因は?

なぜ、肩こりの症状が出るのかというと、原因はいろいろあります。
肩は頭の重さと2本の腕を支えているため、普通に生活しているだけでも負担がかかりやすい場所です。

厚生労働省の【国民生活基礎調査(平成28年)】によると、女性が感じる自覚症状の【第1位】が肩こりで、男性でも【第2位】に上がっています。
おまけに、日本人は西洋人に比べて頭が大きい割に、肩や首の筋肉は華奢なので、肩こりが起こりやすいといわれています。
肩こりは日本人の国民病といえます。

肩こりの症状としては、首すじや首の付け根から、肩、また場合によっては背中にかけて張ったような不快感があります。
これがいわゆる【肩がこった】状態で、ときには痛みや、頭痛や吐き気まで起こることもあります。
デスクワークをしていた人が、「頭痛がしてから吐き気がしてきた」「パソコンを見て仕事をしていたら、だんだん具合が悪くなり休憩しようとしたら動けなかった。」というのは、よく患者さまから聞く話です。
なかでも肩こりによる頭痛に悩む方は多く、頭痛には片頭痛や群発頭痛などさまざまな種類がありますが、肩や首の緊張、つまりこりが原因となる頭痛(緊張型頭痛とよばれます)が全体の7割を占めています。
肩こりには、肩のさまざまな筋肉が影響しますが、なかでも首の後ろから肩、背中にまで広がっている【僧帽筋】という大きな筋肉と、首の骨と肩甲骨をつなぐ【肩甲挙筋】と言われています。
僧帽筋は重い頭を一定の角度に維持したり、肩甲骨を動かしたりといった重要な役割を持ちます。
また、肩甲挙筋も肩甲骨を引き上げるのには欠かせない筋肉です。
これらの筋肉は肩だけでなく背中全体にかけて、広範囲の肩こりや痛みになどの症状に影響を与えます。
いったん筋肉が緊張して固くなってしまうと、血液の流れが滞り、血行不良になってしまいます。
そうなると、筋肉の老廃物が溜まって血管がさらに圧迫されます。
やがて痛みやこりをさらにひどくさせるという、悪循環に陥ってしまうことになります。。
ほかにも、年齢を重ねての筋力低下が、肩こりの悪化につながりますし、【仕事内容】、【姿勢】、【目の疲れ】、【ストレス】によっても、生じることがあります。つまり、肩こりは色々な原因があるのです。
また、肩こりは筋肉や関節などだけが原因とは限りません。
中には、骨や神経などの器官の病気が原因で引き起こされることもあります。

猫背
猫背

なぜ、肩こりの症状が出るのかというと、原因はいろいろあります。
肩は頭の重さと2本の腕を支えているため、普通に生活しているだけでも負担がかかりやすい場所です。

厚生労働省の【国民生活基礎調査(平成28年)】によると、女性が感じる自覚症状の【第1位】が肩こりで、男性でも【第2位】に上がっています。
おまけに、日本人は西洋人に比べて頭が大きい割に、肩や首の筋肉は華奢なので、肩こりが起こりやすいといわれています。
肩こりは日本人の国民病といえます。

肩こりの症状としては、首すじや首の付け根から、肩、また場合によっては背中にかけて張ったような不快感があります。
これがいわゆる【肩がこった】状態で、ときには痛みや、頭痛や吐き気まで起こることもあります。
デスクワークをしていた人が、「頭痛がしてから吐き気がしてきた」「パソコンを見て仕事をしていたら、だんだん具合が悪くなり休憩しようとしたら動けなかった。」というのは、よく患者さまから聞く話です。
なかでも肩こりによる頭痛に悩む方は多く、頭痛には片頭痛や群発頭痛などさまざまな種類がありますが、肩や首の緊張、つまりこりが原因となる頭痛(緊張型頭痛とよばれます)が全体の7割を占めています。
肩こりには、肩のさまざまな筋肉が影響しますが、なかでも首の後ろから肩、背中にまで広がっている【僧帽筋】という大きな筋肉と、首の骨と肩甲骨をつなぐ【肩甲挙筋】と言われています。
僧帽筋は重い頭を一定の角度に維持したり、肩甲骨を動かしたりといった重要な役割を持ちます。
また、肩甲挙筋も肩甲骨を引き上げるのには欠かせない筋肉です。
これらの筋肉は肩だけでなく背中全体にかけて、広範囲の肩こりや痛みになどの症状に影響を与えます。
いったん筋肉が緊張して固くなってしまうと、血液の流れが滞り、血行不良になってしまいます。
そうなると、筋肉の老廃物が溜まって血管がさらに圧迫されます。
やがて痛みやこりをさらにひどくさせるという、悪循環に陥ってしまうことになります。。
ほかにも、年齢を重ねての筋力低下が、肩こりの悪化につながりますし、【仕事内容】、【姿勢】、【目の疲れ】、【ストレス】によっても、生じることがあります。つまり、肩こりは色々な原因があるのです。
また、肩こりは筋肉や関節などだけが原因とは限りません。
中には、骨や神経などの器官の病気が原因で引き起こされることもあります。

当院での施術について

●肩こりに対して、当院では鍼、灸、整体、電療、テーピングなど、患者様の症状にあわせて施術計画【筋膜アプローチ、肩こりに効果が期待できるツボを使い鍼灸、低周波、干渉波、高周波、ハイボルト、ラジオ波】を立てていきます。

●一日でも早く痛みが取れるように、スタッフ一同最善を尽くして施術させていただきます。
私たち【たなごころ鍼灸接骨院】にお任せください!!

肩こりの応急処置

●肩こりにも原因、症状が様々です。中には【脳血管障害】【心臓疾患が原因】のものもあります。 突然の肩こりで手足のシビレ、嘔吐等が伴っているものは上記の可能性がありますので早めに専門医を受診して下さい。

●一般的な肩こりでは首、肩の筋肉のコリほぐして血流を良くする事です、首、肩、肩甲骨の筋肉をまわしたり、軽くマッサージをしたり、お風呂、ホットパックで温めたりして血流を促してあげると軽減します。

●また、肩の筋肉を使いすぎた後や、肩に熱を持っているような時は 逆に湿布、アイスノン、氷等で冷やしてあげた方が良いです。

●肩こりにも原因、症状が様々です。中には【脳血管障害】【心臓疾患が原因】のものもあります。 突然の肩こりで手足のシビレ、嘔吐等が伴っているものは上記の可能性がありますので早めに専門医を受診して下さい。

●一般的な肩こりでは首、肩の筋肉のコリほぐして血流を良くする事です、首、肩、肩甲骨の筋肉をまわしたり、軽くマッサージをしたり、お風呂、ホットパックで温めたりして血流を促してあげると軽減します。

●また、肩の筋肉を使いすぎた後や、肩に熱を持っているような時は 逆に湿布、アイスノン、氷等で冷やしてあげた方が良いです。

ご予約・ご相談

たなごころ鍼灸接骨院
佐賀県杵島郡大町町大字福母2386-12
TEL: 0952-82-2126
《予約優先制》
※17:00〜20:00は完全予約制になります。
※祝祭日の翌日は休みです。

たなごころ鍼灸接骨院
佐賀県杵島郡大町町大字福母2386-12
TEL: 0952-82-2126
《予約優先制》
※17:00〜20:00は完全予約制になります。
※祝祭日の翌日は休みです。